« 無料のセキュリティ診断ツール | トップページ | Cookieはどうしたらいい? »

2005-05-31

Cookieって何?

Webサイトにアクセスした時、Webサイトとブラウザとの間で、小さなデータがやり取されることがあります。このデータを「Cookie(クッキー)」といいます。

Cookieの主の用途は、Webサイトがアクセスした各ユーザーを個別に特定できるように、ユーザーごとにしるしを付けることです。Cookieは、最初はWebサイトからブラウザに送られます。ブラウザは受け取ったCookieを保管しておき2度目からはブラウザからWebサイトに送信します。この仕組みによってWebサイト側は、訪問者が始めて来たのか、以前にアクセスしたことがあるのかを認識できるのです。

Cookieは何に使われてる?

Cookieは会員制Webサイトやショッピングサイトでよく使われています。たとえば会員制のWebサイトでは、会員がページを移動するたびにいちいちユーザー名とパスワードを入力しないで済むように、最初のログインページでCookieを送信し、他のページではCookieを使って会員かどうか識別します。後でまとめて精算できる「買い物かご」機能がありますが、この機能もCookieをサイトの入口で渡し、各ページでCookieをチェックする事で実現しています。

Cookieにはどんな危険が?

Cookieは特定のWebサイトによっては、必要不可欠な場合もあるのでいちがいに悪者と決め付けることはできません。ただし、Cookieの仕組みが悪用されたり、連用されると、思わぬプライバシーの侵害につながるおそれがあります。パソコンに保存されているCookieは、他人に盗まれないようしっかり管理する必要があります。「保存されたCookieはどうしたらいいか?」を次号で紹介します。

人気BlogRanking

|

« 無料のセキュリティ診断ツール | トップページ | Cookieはどうしたらいい? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100861/4356596

この記事へのトラックバック一覧です: Cookieって何?:

« 無料のセキュリティ診断ツール | トップページ | Cookieはどうしたらいい? »