« アプリケーションが異常終了した時のMicrosoft社へのエラー報告を無効にする。 | トップページ | WindowsXPの起動時にソフトを自動起動したい… »

2005-06-30

管理ツールをコマンドで実行する。

「スタート」→「ファイル名を指定して実行(R)」から次のコマンドを入力すると簡単に起動できます。

1.  コンピューターの管理   「compmgmt.msc」

2.  ディスクデフラグ       「dfrg.msc」

3.   ディスクの管理          「dskmgmt.msc」

4.   イベントビューア      「eventvwr.msc」

5.  共有フォルダ                「fsmgmt.msc」

6.   グループポリシー         「gpedit.msc」

7.   パフォーマンス       「perfmon.msc」

8.   サービス         「services.msc」

9.   デパイスマネージャー       「devmgmt.msc」

10. ポリシーの結果セット        「rsop.msc」

11. ローカルセキュウリティ設定   「secpol.ms

12. ローカルユーザーと設定    「lusrmgr.msc」

その他のランキング情報

|

« アプリケーションが異常終了した時のMicrosoft社へのエラー報告を無効にする。 | トップページ | WindowsXPの起動時にソフトを自動起動したい… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100861/4774927

この記事へのトラックバック一覧です: 管理ツールをコマンドで実行する。:

« アプリケーションが異常終了した時のMicrosoft社へのエラー報告を無効にする。 | トップページ | WindowsXPの起動時にソフトを自動起動したい… »