« 話題のGoogleデスクトップサーチを使ってみる。 | トップページ | 開いているポートを確認するには? »

2005-06-11

WindowsXPの「ディスクデフラグ」

ハードディスク(HDD)は、ファイルの書き込みや削除を繰り返すうちに、ひとつのファイルがハードディスク上の離れた領域に配置される断片化(フラグメーション)を起こす。この場合、連続データーを読み込む場合と比較して大幅に転送速度が低下する。その断片化を解消するツールが「ディスクデフラグ」である。定期的に実行しよう。ただし 大きなファイルの移動、削除、インストールをあまり行なわない場合はメンテサイクルを長く出来る。

「ディスクデフラグ」の使用方法

defragu1. 「マイコンピューター」を開き、HDDドライブを右クリック→「プロパティ」を選択。「ツール」タブ→「最適化する」ボタンをクリックして「ディスクデフラグツール」を起動する。

2.一番上に表示される一覧で、最適化が必要かどうか、調べるドライブを選択して、「分析」ボタンをクリックする。分析が完了して表示されるダイヤログで「このボリュームを最適化して下さい。」と表示されたら、「最適化」が必要。「最適化が完了しました」と表示されたら作業は完了。

ランキング情報

|

« 話題のGoogleデスクトップサーチを使ってみる。 | トップページ | 開いているポートを確認するには? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100861/4511447

この記事へのトラックバック一覧です: WindowsXPの「ディスクデフラグ」:

« 話題のGoogleデスクトップサーチを使ってみる。 | トップページ | 開いているポートを確認するには? »