« 圧縮ファイルの拡張子を知る。 | トップページ | WindowsXPのページ »

2005-06-23

WindowsXP SP2適用済CDを作る。

Windows から再インストールを行う場合、サービスパック(以後SP)のバージョンが一致しないとエラー表示され、インストールが開始できない。CDから起動する場合は、SPのバージョンに関係なく修復インストールが行えるが、古いバージョンのXPになるので、もう一度SPやバッチを適用する必要があるのでかなり面倒だ。そこでお奨めなのが「SP+メーカー」というツールだ。これを使うと、SP2や最新バッチを適用したインストールCDを作成できる。

ダウンロードはこちら

A.K office
A.K office

sp ソフトの概要(作者HPより)

「SP+メーカー」は、Windows 2000/XP に Service Pack やその後にリリースされたアップデートを適用させたブート可能なISOイメージを作成するGUIベースのソフトです。また、Office 2000/XP[VL版のみ]/2003への Service Pack やその後にアップデートを適用させたISOイメージの作成も可能です。Service Pack が更新され、現在自分が持っているインストールCDの Service Pack が古い、または適用されていないインストールCDをお持ちの方は、本ソフトウェアを使って、最新の Service Pack を適用させたインストールCDを作成してみてはいかがでしょうか?また、本ソフトウェアの[ライティング]機能により、作成されたISOイメージをCD-R/RWメディアに焼くことも可能です。

SP2や適用したいバッチを自動でダウンロードするように設定しておきましょう。(WindowsXP→高度な設定でレを入れる。)

★★★★★

その他の情報(ランキング情報)

|

« 圧縮ファイルの拡張子を知る。 | トップページ | WindowsXPのページ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100861/4676376

この記事へのトラックバック一覧です: WindowsXP SP2適用済CDを作る。:

« 圧縮ファイルの拡張子を知る。 | トップページ | WindowsXPのページ »