« 記録型DVDメディア「+」と「-」どう違う? | トップページ | 2層DLとは? »

2005-07-27

記録型DVDメディア,ビデオ用とデータ用の違い。

大手家電店では、AVコーナーにビデオ用、パソコンコーナーにデータ用のメディアが並んでいることが多い。

実はメディア自体には違いがないのでパソコンで使う場合には、どちらを選んでも問題ない。ビデオ用は、私的録画補償金が価格に含まれておりテレビ放送などを録画する場合は、ビデオ用を使用すべき。また、ビデオ用のDVD-RWとDVD-RAMは、CPRMに対応したものがあり地上デジタル放送など、コピーワンス番組を録画するために必要。

CPRM対応とは?

コピーワンスという著作権保護機能で、BSデジタルや地上デジタル放送など1回のみ録画可能な番組を録画できる。

その他ランキング情報

|

« 記録型DVDメディア「+」と「-」どう違う? | トップページ | 2層DLとは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100861/5170883

この記事へのトラックバック一覧です: 記録型DVDメディア,ビデオ用とデータ用の違い。:

» 光が来た!! [umeyumeblog]
7月23日の土曜日、午前10時ごろ、待ちに待ったNTTの工事が入りました、。 マ [続きを読む]

受信: 2005-07-27 13:28

« 記録型DVDメディア「+」と「-」どう違う? | トップページ | 2層DLとは? »