« 「DVD Shrink」でリッピング&圧縮 | トップページ | 記録型DVDメディア「+」と「-」どう違う? »

2005-07-25

記録型DVDメディアについて

一口に記録型DVDと言っても、その規格は5種類もある。DVDドライブが出始めた頃は、ドライブの規格により使えるメディアが決定してしまったことで敷居が高かった。だが今では5種類すべての規格を使えるドライブもあるのでメディアを選ぶことで好きな規格を利用できる。

記録型DVDメディアには5種類の規格がある。

-R DVD-R 1度しか書き込めないが、追記は可能。ほとんどのDVDドライブが対応。

rw DVD-RW 書き換えが出来るので経済的。リアルタイム録画をするとDVD-ROMとの互換性がなくなる。

RAM DVD-RAM 記録型DVDの中で異色の存在。FDやMOと同じ感覚で利用できるが、DVD-ROMとの互換性はない。

-RW

DVD+RW DVD-ROMとの互換性を持ちながら、リアルタイム録画に適した+VRフォーマットが使える。

r DVD+R 1度しか書き込めないが、追記は可能。書き込み速  度 の発展が-Rより早く、速度重視人向け。

その他のランキング情報

|

« 「DVD Shrink」でリッピング&圧縮 | トップページ | 記録型DVDメディア「+」と「-」どう違う? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 記録型DVDメディアについて:

« 「DVD Shrink」でリッピング&圧縮 | トップページ | 記録型DVDメディア「+」と「-」どう違う? »