« スタンバイか休止状態を活用 | トップページ | 画像自動収集機 »

2005-08-21

視覚効果を変更する方法

Windows には、コンピュータの視覚効果を設定するいくつかのオプションが用意されています。たとえば、メニューの下に影を表示するように選択すると、表示を立体的にすることができます。画面上でウィンドウを移動している間、そのウィンドウの内容全体を表示することもできます。大きな文字を読みやすくするために、スクリーン フォントの縁を滑らかに表示することも可能です。

Windows では、すべての設定を有効にするオプション (デザインを優先) と、すべての設定を無効にするオプション (コンピュータのパフォーマンスを優先) を選択できます。デフォルトの設定に戻すこともできます。

視覚効果を変更するには、次の手順を実行します。
1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックし、[名前] ボックスに sysdm.cpl と入力します。
sisutem 2. [詳細設定] タブをクリックし、[パフォーマンス] の下の [設定] をクリックします。

pahoumans 3. [視覚効果] タブをクリックし、次のいずれかの操作を行います。
最高のパフォーマンスが得られるように、Windows で設定を自動調整するには、[パフォーマンスを優先する] をクリックします。
デザインを最優先するように、Windows で設定を自動調整するには、[デザインを優先する] をクリックします。
[カスタム] をクリックし、有効にする項目のチェック ボックスをオンにします。また、無効にする項目のチェック ボックスをオフにします。

その他ランキング情報

|

« スタンバイか休止状態を活用 | トップページ | 画像自動収集機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100861/5549840

この記事へのトラックバック一覧です: 視覚効果を変更する方法:

« スタンバイか休止状態を活用 | トップページ | 画像自動収集機 »