« OpenOffice.org | トップページ | 視覚効果を変更する方法 »

2005-08-20

スタンバイか休止状態を活用

パソコンを終了する際、終了オプションの画面でスタンバイを選ぶと、キーボードからWindowsを素早く起動できるようになる。

スタンバイはディスプレイとハードディスクの電源をオフにするだけなので、パソコンの電源は入ったままだ。そこで一定時間パソコンを使用しないなら「休止状態」を使ってみよう。スタンバイと同様直前の状態を保存でき、電源を完全に切ってしまう。起動するときは、通常通り電源をオンすればOK

設定方法

kyusi コントロールパネル→パフォーマンスとメンテナンスにある電源オプションをクリック。 休止状態タブで「休止状態を有効にする」のチェックを入れる。

stanbai1 「終了オプション」を選び、「Shift」キーを押せば、通常「スタンバイ」が表示される左端のボタンに「休止状態」が表示される

kyusi

←Shiftキーを押すとスタンバイから休止状態に変わる。

その他ランキング情報

|

« OpenOffice.org | トップページ | 視覚効果を変更する方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100861/5537463

この記事へのトラックバック一覧です: スタンバイか休止状態を活用:

« OpenOffice.org | トップページ | 視覚効果を変更する方法 »