« HDD Smart Analyzer | トップページ | データーが流出した場合の対応 »

2009-02-01

グーグル検索結果に異変

昨夜は驚きました。

Googleの検索結果に1月31日深夜、異変が生じ、すべての検索結果に「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性がありますと表示され、目的のサイトにアクセスできなくなった。Googleによるとこれは「人為的なミス」なのだという。

Google Googleは米国の公式ブログで、「ご不便をおかけしたことをお詫びします」とした上で、原因について次のように説明している。Googleは悪 意のあるソフトウェアが仕込まれているサイトについては、検索結果で「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります」と表示するようにしてい た。こういった問題のあるサイトのリストは、StopBadware.orgという非営利団体から提供を受けており、StopBadware.orgは機 械検出ではなく、手作業でこのリストを作成していた。

 そして今回Googleが受け取ったリストの中には、「人的ミス」(Google)によって、「/」というものが入っていた。これが「すべての URL」と解釈され、結果としてGoogleからどのサイトにもアクセスできなくなったのだ。ちなみに、これはGoogleプロパティのサイトも例外では なく、Google自体やGmail、YouTubeなどにもアクセスできなかった。ただし、検索連動型広告「AdWords」のリンク先を除いて。

 Googleによると、社内の担当者がすぐに気づいて対応したことで、40分程度で回復したとのことだ。

その他おもしろ情報happy02

|

« HDD Smart Analyzer | トップページ | データーが流出した場合の対応 »

コメント

■グーグル検索結果すべて「コンピュータに損害を与える可能性あり」、原因は人為的ミス-人為的ミスは避けられないことを前提として運用すべき!!
こんにちは。昨夜はグーグル検索をしていて、バニックりました。スパイウェアか、ウィルスに汚染されたのではないかと思い、いろいろ調べていたら寝たのが、2時になってしまいした。朝になって、この件をサイトで見て原因が人為的なものだと知ってほっとしました。全くの人為的ミス、それも凡ミスですね。 2001年宇宙の旅の、HAL9000のことを思い出してしまいました。自分もこの映画のように、いずれコンピュータの反乱にあうかもしれないと思っていましたが、まさか昨夜のような形であうとう思っていませんでした。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2009-02-01 10:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HDD Smart Analyzer | トップページ | データーが流出した場合の対応 »